Licence our measurement technology

The precise solution

技術について

ミラー・ステレオ較正技術

Lateral Reality Ltd.によるミラー・ステレオ較正技術は、人間の視覚系のステレオ処理能力と同等の能力を構築させることを可能にした、前代未聞のユニークな技術です人間は両目で受信した画像を脳で合成して3Dを知覚することができます。しかし、片目だけでは奥行きをとらえるのは難しいものです。モバイルデバイスのカメラは、両面にカメラが1つずつ内蔵されているため、ステレオカメラのように3D画像を撮ることはできません。Lateral Reality 社のミラー・ステレオ較正技術は鏡を利用することで、モバイル・ディバイスのステレオ・ビジョンを可能にしました。この技術を応用した、当社開発のモバイルアプリケーションには、メガネのバーチャル試着アプリの3DefineMe (http://3defineme.comや瞳孔間距離(PD)値を正確に測定するPD-Measure があります。  特:ヨーロッパ(EP2866446 A1)、米国(US20150116463 A1

MirrorStereo technology

PD-Measure アプリの精度

正確な測定

このグラフはミリメーター単位でのエラー測定統計グラフです。 横軸は測定エラー誤差㎜単位、縦軸は頻度を示しています。 実際の瞳孔間距離の誤差1.5㎜以内のエラー測定は95%、1㎜未満でのエラー測定は90%であることが分かります。 このグラフより、当社のモバイル・デバイスを利用して瞳孔間距離測定するアプリの中で最も正確にPDを測定できるアプリである と確信しています。なぜ、ラテラル・リアリティ社の瞳孔間測定アプリの精度がより正確であるかというと、3D空間における瞳孔の 位置を検出できる技術があるからです。例えば、クレジットカードを持ちながら写真撮影をし測定結果を出すタイプの瞳孔間距離値測定 ソフトがあります。この測定技術は平面で測定しています。撮影の際のクレジットカードの持ち方や顔の向きによる奥行の誤差が測定値 の誤差につながってしまうリスクがあります。 当社はより良い測定結果をご利用者にご提供できるよう、今後も開発し続けます。

PD-measure application precision

ビジネスサポート

Chartflow

問い合わせ先

お気軽にお問い合わせください

24時間受付

Lateral Reality のあゆみ

ニュース

お問い合わせ

PD-Measureアプリご利用者向けサイト

Visit the customer site

Customer landing page